もしあなたが腰痛にお困りなら

天王寺・阿部野橋からわずか4分

お電話:06-6714-6569

住所:大阪市東住吉区駒川1-8-22

お電話お待ちしております。

 
 

一般的には坐骨神経痛は坐骨神経がなんらかの原因で圧迫を受けたり炎症を起こしたりすると、神経の支配する部位で強い痛みやしびれが生じた状態だと考えられています。

背骨コンディショニングでは背骨の歪みと神経の緊張と考えます。

坐骨神経は骨盤の真ん中にある仙骨の1番、2番、3番とその上にある腰椎の4番と5番から出ています。

仙骨と腰椎がゆがみ、神経が緊張し、神経に伝導異常が出るとその通り道沿いに痛みやしびれが起こります。

腰痛は背骨から出たすぐのところの神経が痛いのが腰痛という訳です。

他にも坐骨神経痛や股関節・膝関節の痛み、ふくらはぎや足の裏がつる冷える、外反母趾が痛いなどその通り道沿いにさまざまな症状を引き起こして行きます。

また、その神経の伝導異常から筋肉が勝手に縮まり緊張を過度に起こしてコリや疲れ、足が動きにくいなどの症状やコリに伴う痛みなどもでます。

その場合はどこか一箇所にズキッと特定できる場所があるというよりは広く周辺一帯が重かったり固まったりという感じの痛みになります。

いずれも神経の伝導異常は背骨が歪んで「神経が引っ張られている」事によって起こります。