もしあなたが腰痛にお困りなら

天王寺・阿部野橋からわずか4分

お電話:06-6714-6569

住所:大阪市東住吉区駒川1-8-22

お電話お待ちしております。

動悸(どうき)とは心臓の拍動が自分で感じられる状態を指す。

動作時や貧血時にみられるが、基本的には自覚症状であり他覚症状ではない。「心臓がドキドキする」などと表現されるが、必ずしも心拍数が上昇しているわけではない。むしろ徐脈の時にも生じることがある。実際に1分間に100回以上の心拍数が計測される場合は頻脈とされ、病的なものとして扱われる。動悸がなぜ生じるのかに関しては2010年現在の科学でも明らかになっていない。

不整脈(ふせいみゃく)とは、心拍数やリズムが一定でない状態の事を言う。また心拍や脈拍が整であっても、心電図異常がある場合は臨床的には不整脈である。ウィキペディアから。

背骨コンディショニングでは背骨のゆがみが神経をけん引して、神経の伝導異常を起こし、自律神経が乱れて起こると考えます。特に心臓や消化管を支配するの副交感神経である、迷走神経の伝導異常が内臓の異常に関わるようです。背骨の胸椎3-5番が左に捻じれると左側にある心臓神経叢がけん引され、神経の伝導異常を起こし、その先にある心臓に神経伝導がうまくいかなくなり動悸・不整脈を起こします。